進級しました!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。うぇるちまんです。

ネタがありません。

進級しました!

いまさらですが、今年も無事に進級出来ました。

しかもフル単。

去年に比べれば驚異的な成長です。

残念ながらクラス平均よりは低かったですが、学年順位120位ぐらいをさまよっていたことを考慮すれば上出来です。

4年は平均を超えられるように頑張ります。

新たな出会い

さて、春といえば出会いの季節ですよね。

僕らの同級生は今年から大学生。

地方などで一人暮らしになるかたもいるかも知れません。

しかし、我ら高専生には関係のない話です。

僕らはあと二年同じような日々を過ごします。

あゝ無情。

そんな僕たちにも僅かな変化はあります。

なんと4年からは編入生がやってきます。

数少ない友達を増やす絶好のチャンス。

そう思った僕は、いまから作戦を考えておくことにしました。

作戦1:学校案内作戦

我が校はなかなか分かりにくい構造をしています。

そこで、学校を案内するという口実で仲良くなるといった作戦です。

学校を案内しつつ、しれっとラグビー部の部室に連れていき、入部届を書かせることが出来れば理想的です。

そのためにも部室のドアに頑丈な鍵をつけておこうと思います。

しかしこの作戦は重大な問題を抱えています。

それは、そもそも話しかけられないという問題です。

これだけはどうしようもありません。

作戦2:拳で語り合う作戦

作戦1の問題点を解決すべく生まれた作戦です。

話せないのであれば拳で語ればいいのだ。

単純な話です。

しかしこれにも大きな問題があります。

考えるまでもないですよね。

そう。

僕は喧嘩が弱いんです。

ボコボコにされたらたまったもんじゃありません。

僕が勝つためには、不意打ちで一撃で仕留める必要があります。

しかしそれでは語り合いになりません。

ただの通り魔です。

というわけでこの作戦は却下です。

作戦3:運命の出会い作戦

作戦2の発想をさらに発展させたのがこの「運命の出会い作戦」です。

編入生が教室に入ってくるタイミングを見計らって、食パンまたはそれに準ずる物を咥えて突撃します。

そうすれば向こうから話しかけざるを得ないでしょう。

ついに完璧な作戦が出来上がりました。

僕の青春がいまはじまります!

あとがき

なんちゅうしょーもない内容や。

勉強しろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました