【緊急】親バレしました…

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

さて、うぇるちまんです。

タイトルからわかる通り緊急事態です。

さっそく本題に入ります。

スポンサーリンク

【うぇるちまん親バレ】

親バレしました。はい。

とつぜん「ブログやってる?」親からとLINEが来た時はビビりました。

風呂上がりだったんですが、入浴がリセットされるほどの冷や汗がでました。

僕の巧みな誘導尋問の結果、同じ学年の保護者から聞いただけということが判明しました。

知名度が上がればいずれこの時がくると思っていましたが、想定より早いです。

まぁ大丈夫です。

【親バレの経緯】

では、経緯を詳しく語っていきましょう。

それは3年前まで遡ります…

と、冗談はさておき、さておきというか冗談を言える心の余裕はないです。

僕の現在の心の余裕は、テトリスでミスったときの隙間ぐらいです。ギチギチです。

本題に戻ります。

先述したとおり、同学年の保護者の方から伝わったようで、「これ、ひょっとして〇〇さんの息子さん?」と聞かれたそうです。

恥ずかしすぎて憤死しそうです。

ちなみに憤死がなにかは知らないです。

その保護者の方はいつも当ブログを見てくださっているそうです。

ありがとうございます。

今後もどうぞよろしくお願いします。

ただ、一つお願いがありまして、僕の親にリンクを教えないでいただきたいのです。

もし親に見られたら、舌にポケモンシール貼って入院します。

【当ブログの知名度】

僕の親にまで存在が伝わったことからわかるように、当ブログもかなり知名度が上がってきました。

もともとは1年のときの同じクラスの人しか知らないようなブログだったのが、いまでは高専生の日常ランキング世界3位です。

ありがたいことです。

知名度が上がるのはとても嬉しいんですが、たまに不安になります。

バレたときどうなるのかと。

もしバレて、高専一の人気者になってしまったらどうすればいいのかと。

いつも1人の僕にそんな重圧耐えられないです笑。

いやー困っちゃいますね。人気者はつらいです笑笑。

【今後について】

親バレしたんですが、今後も活動は続けるつもりです。

いままで頑張ってきたので今のところ辞めるつもりはありません。

なんだかんだブログ書くのは楽しいです。

反応して貰えるときもあれば、みんなから無反応のときもあります。

それでも、書き切ったら達成感がありますし、見返したときに懐かしい気持ちになれます。

でも学校に指摘されたら即座にページ削除します。

ご了承ください。

あとがき

泣きたい。

そこまで重大じゃなくてよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました